WEB限定 毎月5組限定 Salonオーナー 無料相談実施中

Salon経営お悩み集

2012年5月 9日 水曜日

売上が減っている原因とは

景気低迷が長期化する現在、売上を伸ばしている店よりも、減らしている店のほうが圧倒的に多く、その割合は2対8にもなるという。

売上減少の原因は景気の低迷だけではなく、他にもいくつかの要因が考えられる。

たとえば、
競合するライバルが増えた、
業界自体に新鮮味がなくなった、
消費者のニーズが変わってきた...
とさまざまだが、

売上減少の要因を探るに際しては「モノ」重視の視点から「人」重視の視点に変えてみなければいけない。
すると、売上が減少している原因は「お客さん(人)が減っている」からだということがわかるはずだ。

さらに、なぜお客さんが減っているのかを突き詰めていけば、「お客さんを行きたくなる気持ちにさせていない」からだということにも気づくだろう。

したがって、売上を増やすために考えるべきことは
「どうしたら来店してくれるお客さんが増えるか」
「どうしたらお客さんに喜んでもらえるか」
ということなのだ。

ところが、多くの経営者は「売上を増やしたい」と思うと
「どうしたら客単価が増えるか」
「どうしたら利益(数字)が増えるか」
と考えてしまう。

これでは視点が数字にあって、「人」(お客さん)に据えられていないことになる。



  • HOME
  • 独立希望者・新規開業オーナー様へ
  • 美容室・エステオーナー様必見!
  • 集客を増やす方法
  • リピートのしくみ
  • 繁盛サロンの作り方
  • 無料相談のご案内
  • セミナーのご案内
  • 確定申告まる投げパック
  • 代表コンサルタント・税理士紹介
  • 事務所紹介
  • 料金・報酬
  • キャンペーンについて

〒542-0063
大阪市中央区東平2丁目5番7号
上六ビル7F

ホームページを見たとお伝えください 06-6155-5369

受付時間 9:30~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
スマートフォン
対応 携帯サイトはこちら
メールマガジン
ビジネスメール365 経営力・判断力強化の無料情報サービス!詳しくはお問い合わせを!